ロレックス:時計コレクション.comのおすすめ!

オイスターケース

ロレックス社は、オイスターケースの製造を、資本関係がない外部メーカーに生産委託していました。

過去にロレックスは、外部メーカーの工場で多数のケースを武装強盗団に強奪されているんですね。
この強盗団のリーダーは、スイスでも有数の名門高級時計ムーブメント企業「ジャケ」社の経営者の夫でした。
ロレックスの偽物を製作販売しようとして、製造メーカーの工場に忍び込んで起こした事件だそうです。

あなたが探す、厳選ロレックスならこれ!


ロレックス:時計コレクション.comPick Up!

ロレックスには、普及モデルとしてチュードル(Tudor )というブランドが存在します。
チュードルは、本国イギリスでの販売拡大を狙って発売されたものです。

名前はイギリス王家の一つチューダー家にちなむといわれています。
トレードマークもチューダー家と同じ薔薇であり、初期のモデルは文字盤に薔薇が描かれています。

ロレックスは、高級時計ブランドとして世界中で知名度を有していますし、コピー商品や再生品(いわゆる偽ブランド品)が多いことでも知られています。

これらの偽物・再生品は保証書がないものがほとんどです。
勿論、日本国内では正規代理店での保守・修理を受けられません。

その偽物の多さから、偽ロレックスの収集家も存在するほどです。

ロレックスの腕時計は、金属の塊を削りだして作ったケース、スクリュー式の裏蓋、リューズなどを組み合わせて、とてつもない頑丈さと防水性を誇っています。

 
腕時計自体の仕組みは機械式といい、ゼンマイが巻き上がった反動を動力としています。
電池やモーターなどがいらないので、メンテナンスするだけでいつまでも使うことができます。

 

成功の象徴のように見られる、ロレックスの腕時計。
ロレックスとは、スイスの腕時計メーカーで、少し値の張る大衆向け時計といわれています。
 

お金が儲かったら、まずは1つ欲しいかなと思う人が多いようですが、ロレックスは『オイスターケース』と呼ばれる頑丈なケースの作りが取り柄で、元々は高級ブランドとして設立されたものではないようです。